プロフィール

小林篤茂、コバヤシアツシ

1992年、東京都豊島区西池袋出身。 小学校低学年からピアノを習い始め、中学校では吹奏楽部に入部し、トランペットを担当する。

都立上野高校入学と同時にギターを始める。 高校卒業後、国立音楽大学音楽文化デザイン学科に入学し、音楽学を専攻する。専門は音楽社会学。

大学学部在籍時より、ギタリストとしての演奏活動を開始。バンドや弾き語りの活動に加え、ライブエレクトロニクス作品の演奏なども行う。

2014年12月より「ルルルルズ」のサポートギタリストとして参加、翌年正式メンバーとして加入。

2015年3月、国立音楽大学を卒業。同大学大学院修士課程、音楽研究科に進学。

2018年3月、同大学院修了。修士論文のテーマは「ライブにおける、音響エンジニアの役割、創造性、技術性に関する考察」

大学院修了と同時に、中学校教諭専修免許状(音楽)高等学校専修免許状(音楽)取得。

2018年11月、日本ポピュラー音楽学会、全国大会「JASPM30」にて、ブースでの個人発表を行う。

2019年4月、都内の某音楽ホールの管理業務を行う。

・日本ポピュラー音楽学会 所属
・NPO法人 ミュージックソムリエ協会 会員
・JAZZ SUMMIT TOKYO 実行委員